4軸加工機

東莞貝塔精密部品有限会社(Better-Mold)は、3台の4軸加工機と3台の5軸加工機を持ち、4軸加工ワークサービスを行うことができます。

X軸方向に回転を追加することはA軸と呼ばれる。主軸は直動運動3軸(X-Y-Z)があり、3軸加工機と同じように、さらにA軸はワークの回転によって発生します。4軸加工機にはいくつかの異なる配置があるが、通常はZ軸を中心に主軸が回転する「垂直加工」タイプである。X軸にワークを取り付け、治工具と一緒にA軸で回転させることができます。単一の治工具のセットアップに対して、パーツの4側面を加工することができます。

 

4軸加工は、より経済的に実行可能な方法です、理論的には、3軸機で部品を加工することは可能です。例えば、最近加工した部品では、3軸機を使うと2つの固有の治具が必要になることがわかりました。4軸加工機のA軸機能を活用することで、必要な治具は1つだけです。また、クランプの交換が不要になるため、さらなるコストダウンが図れます。ヒューマンエラーのリスクを排除することで、コストのかかる品質不良の調査をすることなく、高品質な部品を加工することができるのです。また、治具を交換する必要がないため、部品の異なる面にあるフィーチャー間の公差をより厳密に保つことができるというメリットもあります。固定や再セットアップによる精度の低下を解消しました。

 

design for manufacture

Complex profiles such as cam lobes can be machined on a 4-axis machine

 

4軸加工機には、分度加工と連続加工の2種類があります。

分度4軸加工機とは、機械が材料を加工していない時に4軸目(A軸)を回転させることです。正しい回転を選択すると、ブレーキがかかると切削が再開されます。

連続4軸加工機では、A軸を回転させながら材料を切削することができます。これにより、カムローブやヘリックスのプロファイルのような複雑な円弧を加工することができます。

4軸加工機には、角度のある形状を加工することができます、これは3軸加工機では不可能なことです。4軸加工機では、1つの冶具につき1つの回転軸を使用できるため、すべての角度のフィーチャーは同じ軸の周りで調整するか、他の冶具を配置する必要があることを忘れないでください。

 

design for manufacture

                                                                                                                                                Helical machining possible with 4-axis machines