5軸加工機

東莞貝塔精密部品有限会社(Better-Mold)では、5軸加工機にDMG DMU 75MonoBLOCK ユニバーサルマシニングセンターを使用しており、さらにTSUDAKOMA製5軸CNCマシニングセンターTWA-200を2台保有しています。.

機械の詳細は以下の通りです:

モーター主軸回転数MASTER 20,000rpmMASTER 20,000 rpm

チェーンマガジン60マガジンポケットHSK-A 63

CELOSとハイデンハインTNC 640

スピンドルセンター経由 (AD)の内部クーラント供給 40バール/23リットル/分/ 580ポイント/ 6 ガロン/分

加工エリアでの工具測定 /BlumレーザーDIGILOG/ 工具長さと直径垂直測定

5軸加工機で加工される部品はどのようなものですか?

1)非プリズム形状やスワーフィング形状を持つ複雑な部品を加工する、このような部品は、一般的な3軸加工機では何度もセットアップ・調整が必要になります。
2)1回の設定で5面加工が可能なため、加工効率の向上、設定時間の短縮、製品の位置決め精度の確保、位置ズレの防止が可能です。
3)代表的な5軸加工部品は航空宇宙用インペラー、航空宇宙用ファンディスク、航空宇宙用ブリスク、医療用義肢部品など。
これらのCNCフライス盤は、機械の種類によって、可能な3つの回転軸のうち2つを利用する。 機械はA軸とC軸の回転を利用するか、B軸とC軸の回転を利用するかのどちらかです。回転は、ワークが行う場合とスピンドルが行う場合があります。
5軸加工機には、大きく分けて3+2機と完全連続5軸加工機の2種類があります。
3+2軸加工機では、2つの回転軸がそれぞれ独立して動作するため、フィーチャーを加工する工具に関連した任意の複合角度にワークを回転させることができる。 しかし、加工中に両軸を同時に回転させることはできない。3+2加工は、非常に複雑な3D形状を作り出すことができる。完全連続5軸加工機は2つの回転軸を同時に回転させ、加工の時切削工具をXYZ座標上で直線的に移動することができます。
design for manufacture
5-axis machining
連続5軸加工機では、平面複合角度形状だけでなく、複雑な3D曲面形状も製作できるため、通常、金型加工が必要な部品も生産できるようになります。

5軸加工機は、非常に複雑な3D形状を設計するための非常に高い柔軟性を設計者にもたらします。CNC加工部品の設計には、それぞれの加工方法の可能性を理解することが不可欠です。もし、あなたのデザインが5軸加工機の使用を必要とするならば、それを最大限に活用してください。